1. トップページ
  2. 早漏度チェック
  3. 早漏度30%・負の習慣

早漏度30%・負の習慣

あなたの早漏度は30%です。
軽度早漏であると言えるでしょう。
ですが、パートナーとのセックスに対してそれほど不都合があるわけでも無さそうです。
早漏の定義としましては、「パートナーよりも先にオーガズムに達してしまう事」という見解もございます。
パートナーが満足しているのなら、治療に至る必要性もさほど無いのではないでしょうか。
それでも早漏克服したいとお考えでしたら下記を御参照ください。

原因と対策

マスターベーションをする際に、射精までの時間が早い場合、そのバイオリズムを体が覚えてしまう事になります。
マスターベーションを行う時は、なるべく長い時間をかけ、すぐに射精してしまわないよう気遣う事で早漏を克服出来るという報告もございます。
自己の欲求を満たす事を先決に考えていると、そのままパートナーのセックスに反映されてしまう事になってしまいますので要注意です。

マスターベーションの方法を見直す事で、まずは悪い癖を取り払うようにしましょう。
その後はトレーニング等で時間をかけてジックリと克服までの道筋をたどっていくのが良いでしょう。
他にも、勃起不全治療薬である(バイアグラ、レビトラ、シアリス)を用いる事で2・3回セックスを経験すれば、コツを掴んだり自信が回復してストレスがなくなる事があります。

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。