1. トップページ
  2. 早漏克服・治療方法
  3. 勃起不全治療薬
  4. レビトラ

レビトラ

レビトラ勃起不全と早漏はそれぞれをコントロールする神経系が異なります。なので早漏治療に勃起不全治療薬を!というのはちょっと早計かもしれません。
ですが、早漏の原因に一番多いのが心因性である事から、勃起不全治療薬を使用する事で「心の余裕」「勃起の持続で回数をこなし、経験を多く踏む事が出来る」に繋がり、早漏が改善されやすくなる事も否定出来ません。
「女性がオーガズムに達する前に男性が射精してしまう」という事が早漏の問題点である事を考えれば、勃起不全治療薬を用いて性交を行い「射精しても勃起を維持」する事でこの問題はクリアされるかもしれません。

レビトラとは?

独バイエルヘルスケア社で開発された勃起不全治療薬です。
2003年に米国で販売開始。日本では2004年6月により販売が開始され、バイアグラについで2番目に使用可能となった勃起不全治療薬です。
一般名をバルデナフィル塩酸塩水和物といい、バイアグラに比べて体内への吸収が速いため即効性があり食事の影響を受けにくいといわれています。
しかし、できれば空腹に近い状態で内服した方がより効果的に作用するといえるでしょう。

レビトラのメカニズム

勃起は男性器の中にある海綿体というスポンジ状の組織に血液が流れ込むことで起こります。
通常は性的な刺激を受けると血液が流れ込むのですが、このとき血管を縮まらせる働きをする酵素(PDE-5酵素)が作用すると男性器内の血管に血液が流れ込まないため勃起しなくなってしまうのです。
レビトラの主成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物は、この酵素を邪魔するので男性器内の血管が緩み血液が流れ込んで勃起が始まります。
レビトラの効果発揮には性的刺激が必要不可欠で、性的刺激がなければ勃起は起こりません。
また、レビトラの効果が現れるのは速く15分程で効果がみられる場合があります。持続時間も5~10時間程度とバイアグラをしのいでいます。
(※効果には個人差があります。)

レビトラの副作用

レビトラには下記のような副作用が報告されています。

【主な副作用】

  • * ほてり
  • * 頭痛
  • * 動悸
  • * 鼻づまり
  • など

これらの症状は必ず現れるわけではありませんし多くの方が心配されるほど深刻なものではありません。使用後4~6時間が経過すれば、これらの症状も治まりますので安心してご使用下さい。
(※症状の程度や症状が治まるまでの時間には個人差があります。)

このページを見た人はこんな物も見ています

ED治療薬等を病院で処方してもらう場合は、費用が割高になる傾向があります。
診察料相場バイアグラ50mg相場レビトラ20mg相場シアリス20mg相場
3,000円1,800円(1錠)2,000円(1錠)2,200円(1錠)

通販では医者や看護師の人件費、施設の家賃が必要ないので「診察料は無料」「1錠辺りの値段も安い」「ポイントが付く」等のメリットがあります。 更に、通販ではバイアグラ100mgを取り扱っているので、それを半分にカットして使用する事で更に費用を抑えられます。

ED治療薬には早漏改善の効果が見込めます。

レビトラは、挿入時間を2倍以上に延長します

即効性の治療法として勃起不全治療薬があります。 医薬品メーカーが早漏治療の臨床試験を行い、挿入時間が2倍以上になるという結果がでました。


▼Sex Therapists調査結果
・挿入時間"7~13分" ⇒ 望ましい
・挿入時間"10~30分" ⇒ 長すぎる
・挿入時間"1~2分" ⇒ 短すぎる


レビトラの製造メーカーであるバイエル薬品は6ヶ月以上に渡り、18歳~64歳のED患者を対象に比較試験を実施。
被験者を8週間ずつ治療を行った結果、挿入時間が2.4倍~3.0倍に延長されたことを確認いたしました。
(※挿入可能な勃起の硬さになってから、パートナの膣から外すまでの時間をストップウォッチで測定)

バイエル薬品による「早漏治療の臨床結果」レポート

↓クリックするとPDFファイルが開きます