1. トップページ
  2. 体験談
  3. 25歳:性的なストレスを感じるようになった

25歳:性的なストレスを感じるようになった

社会人になってから日々の生活にストレスを感じているせいか、早漏になりました。
それまでは特に気にすることなく性行為を楽しんでいたため、早漏の症状が出始めたころはかなりへこみました。
男として、やはり女性の期待に応えられないというのは恥ずかしいですし、そんな自分にも苛々してしまい、気が付くと性的なストレスをかなり溜めこんでしまっていました。
そして当時付き合っていた彼女にもフラれたことで、現状を変えなくてはいけないという事を理解しました。
早漏の治し方を紹介しているサイトや記事を見て、ストレスが溜まる事を避けるように心がけ、物は試しという気持ちで、早漏に効果のある錠剤も服用しました。
自分が使用していた錠剤は、割と有名だとは思いますがスーパーPフォースという薬です。
副作用があるからどうするべきか、と服用前には警戒をしていたのですが、いざ服用をしてみると、想像していたよりは軽い副作用(軽度の頭痛)でした。
効果としても、勃起力の向上、さらに射精時間の延長と、期待していた通り。
今はまだ完ぺきには治っていませんが、大分自分の意思で射精をコントロールする事ができるようになりました。
これからもストレスを溜めないように生活するとともに、再び性行為を心から楽しめるように頑張りたいと思います。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。