1. トップページ
  2. 体験談
  3. 27歳:副作用が少ないという触れ込みだったのに…

27歳:副作用が少ないという触れ込みだったのに…

30歳までには結婚したいと思っているのですが、早漏であるがために自分に自信を持つことが出来ず、彼女も数年間いません。
自信喪失の要因となっている早漏をどうにかしない事には何も始まらないと思ったので、早漏を治療を先決して行う事にしました。
早漏グッズで惹かれるものもあったんですけど、病院で早漏治療用としてSSRIが処方されているという事を聞いたので、SSRIのほうが信頼できると思い、そっちを試してみようと思いました。
色々と調べた結果、副作用が少ないと言われているパキシルという薬を飲むことにしました。
病院に行くのは恥ずかしかったので個人輸入で購入し、入金後数日で自宅に宅配されてきました。
早速飲んでみると、確かに射精感が鈍っているような感じで、自慰でしたがいつもよりも長く持ちこたえることが出来ました。
だからきっと僕も調子に乗ってしまったんでしょうね。
射精が遅くなるという事が嬉しくて毎回自慰をする時に飲んで効果を実感していました。
恐らくそれがいけなかったんでしょうけど、段々下半身に力が入らなくなるというか、分かりやすく言えば勃起を維持出来なくなってしまったんです。
体調がよくないだけだろうと思っていたんですけど、朝立ちもしないしどうやら本格的にヤバイ様子。
早漏は治ってもEDになったら振り出しに戻ることと一緒です。
だからなんとかならないかと思ってまた色々と打開策を探していたのですが、こういう場合にはレビトラがいいという記事を読みました。
レビトラは挿入時間を延ばす効果もあり、本来の効果であるED治療も行う事が出来る…これは自分にもってこいの効果。
そうとわかったときには病院に居ましたよ、すぐにその日に処方してもらいたかったですからね。
レビトラのお陰で、今はEDも治りましたし、早漏も以前と比べかなりよくなりましたよ。
もちろん、パキシルはそれ以来使用しておりません。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。