1. トップページ
  2. 体験談
  3. 27歳:早漏で性機能外来受診

27歳:早漏で性機能外来受診

早漏に関しての週刊誌を読んで、本気で治したいと思ったから早漏外来に行ってみた。
僕が行った病院は「初診料、再診料、カウンセリング料は無料」というところで、薬代しか掛からなかったんだよ。
しかも、男性スタッフだけだったから緊張することなく診察できた。
普通の泌尿器科だと、受付や看護師が女性だから、恥ずかしいことばかりじゃん。
男性スタッフだけだと、同じ男としての気持ちが分かってくれるから、恥じること無く何でも聞けた。
そこで処方されたのが、ダポキセチン製剤で世界初の早漏治療薬として有名なものだったんだ。
週刊誌にも載っていたが早漏男性の多くが射精するまでに3倍近く延びたっていう薬なんだって。
これで早漏が改善されるなら、最高の薬だ!
早速、処方された薬を試してみたら人生初の5分突破できたよ~。
もう早漏何て言われないくらい完璧な薬だった。
これで、もうバカにされることもなくセックスを楽しむことができる。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。