1. トップページ
  2. 体験談
  3. 30歳:数ある早漏対策品の中でも

30歳:数ある早漏対策品の中でも

早漏対策品は色々と種類が多すぎて迷ってしまいますよね。
私も実際に購入するまで悩みまくっていたうちの一人でした。
どの早漏対策品も、「この商品はこんな効果があって、早漏に効きます!」というような宣伝文句ばかりで、その言葉にまんまと騙され、全く早漏対策にならないような商品を買ってしまった事もあります。
では数ある早漏対策品の中でも効果があるものは一体どのようなものなのか…?
これは私の主観も入ってるのですが、まず間違いないのは早漏治療薬ですね。
医薬品なのでそこらの胡散臭いサプリメントや精力剤よりも断然効果がありました。
しかも無理に宣伝文句を語っていないので、安心感と信憑性もありましたしね。
逆に外国人のモデルを使って宣伝しているような早漏対策品は、総じて効果がないものばかりでしたし。
あと効果があったなぁと感じたものは、早漏防止クリームですかね。
使い勝手は早漏治療薬よりも劣るのですが、治療薬よりも即効性がありましたし、クリームは洗い流さなくてもコンドームを付ければ問題ありませんでした。
他のサプリメントやドリンクのような早漏対策品は、私としては買うだけ無駄のように感じますよ。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。