1. トップページ
  2. 体験談
  3. 31歳:色々な防止術を試しました。

31歳:色々な防止術を試しました。

10代のころからこれまでに付き合ってきた女性は10人ほどですが、そのほとんどの女性に、「セックスを楽しめない」と言われていました。
その理由は他人に言われるまでもなく、私が一番よくわかっていました。
早漏だったからです。
しかし、私もそれを黙って見過ごそうとはせずに、いろいろな早漏防止術を試しました。
ゴムを重ねて感度を落としたり、自慰で射精をしてからセックスに臨んだりと…。
ですがそれらは、いざ女性を相手にすると全く意味のないものでした。
私には意地もあって、早漏グッズを極力使いたくないと考えていたのですが、10年経っても全く前進していない今の現状を鑑みて、早漏グッズを使ってみようかなと思い始めています。
このサイトのグッズの紹介を見ていると、危なげな薬のような商品もありますが、キチンとした薬もあるようなので、安心しました。
皆さんの体験談も参考にさせて頂きます。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。