1. トップページ
  2. 体験談
  3. 33歳:早漏を治す方法を知恵袋で検索した。

33歳:早漏を治す方法を知恵袋で検索した。

以前から何か分からない事があれば、インターネットのヤフー知恵袋で検索して、何度も助けられてきました。
しかし過去の悩みは今回の悩みと比べれば軽いものでした。
今回の悩みというのは、ずばり早漏の事です。
早漏を治したい!と言ってもその方法は人によって、記事によって様々でどれが正しい情報なのか分からず、本当に困っていたんです。
そんな時に、「あぁ、ヤフーの知恵袋で早漏の人が治す方法を検索しているかもしれない」と思い立ち、キーワード検索を行ってみました。
すると、早漏を治す方法を質問している人がかなりいる事が判明。よかった、自分だけじゃないんだと若干ほっとしました。(笑)
そこで僕が一番目にとまった方法が「オナニーをたくさんして、感覚を鈍感にする」というものと、「射精を延ばせるお薬を飲むこと」でした。
一応、両方試してみましたが、僕がより効果を実感したのは「射精を延ばせるお薬を飲むこと」の方でしたね。
知恵袋の回答をしていた方はプリリジーという薬をすすめていましたが、病院で購入するとたった3錠で1万円もしてしまうので、僕はそのジェネリックをネットで買いました。
正直「薬」なのでかなり不安ではありましたが、飲んでみていきなり効果が出たのでビックリでした。
まさか早漏を治す方法を知恵袋から伝授されるとは思っていませんでしたが、本当に助かりました。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。