1. トップページ
  2. 体験談
  3. 36歳:包茎で早漏なんてもう沢山!

36歳:包茎で早漏なんてもう沢山!

包茎だけならまだしも、さらに早漏だと完全に自信を失ってしまう、男とはそういう生き物だと思います。
現に自分がそうです。
若い頃はそんなに包茎であったことにコンプレックスや負い目を感じなかったのですが、20代後半で早漏になったときにはその2つの問題に苦悩しました。

女性を抱きたい!と思っても「バカにされるのではないか…?」というような思いから行動に出せず、性欲を持て余しました。

包茎を治せるグッズを買ったのですが全然効果がなく包茎・早漏の治療を諦めかけていたのですが、最後の手段ということで数十万かけて包茎手術をすることにしました。
包茎手術まで踏み切った理由は…包茎治療をする事によって早漏も治すことが出来るという情報を聞いたからです。
そこに一縷の望みをかけたのですが、結果は成功でした。
仮性包茎だったので皮を切除したのですが、亀頭がムキだしの状態になり、今まで敏感だった亀頭が乾燥し早漏の症状が治まってきたのです。

今では彼女も出来、自信を持ってセックスを堪能していますよ。
「限りある人生、やっぱり男はこうでなくちゃな」という実感に浸る毎日です。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。