1. トップページ
  2. 体験談
  3. 37歳:産後~育児のストレスの影響か。

37歳:産後~育児のストレスの影響か。

私には5歳年下の妻がおります。
2年前に妻が娘を出産し、そこから私自身も育児に狩り出されたりと奔走していますが、ストレスが祟ってしまったようで早漏+勃起不全気味となってしまいました。
毎日仕事から帰ってきて、娘をお風呂に入れてあげたり、家事を手伝ったりと家族のために身体を投げ出してきましたが、それがこういう形で返ってきてしまったのです。

産後、妻もストレスが溜まっているのか、夜のほうをよく迫ってきて、私は次の日の仕事が早い時間ということもあり、短時間でセックスを済ませていたんです。
そういう日々を数ヶ月過ごしているうちに、下半身の方も元気がなくなり、さらには射精も段々我慢できなくなってきました。
妻には「手を抜いている」と文句を言われ、それがさらにプレッシャーに…。

その結果、勃起力低下、そして早漏となってしまったんです。
ネットで相談したところ、身体を休める暇がないからストレスが自然に溜まり、さらに短時間でセックスを終わらせようという意思が早漏に結びついているんじゃないかと言われました。

早漏は肉体的な事柄が原因となっているとばかり思っていたのですが、実際はこのようにストレスや不安でなるものなんだと気がつかされました。
適度に身体を休めつつも、妻が不満を溜めないようにしなくてはいけないので、手軽な早漏防止効果のある厚めのコンドームを買おうと思っています。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。