1. トップページ
  2. 体験談
  3. 41歳:雑誌に載っていた、早漏治療薬

41歳:雑誌に載っていた、早漏治療薬

2ヶ月ほど前の話になるのですが、コンビニで立ち読みをしている最中に、「早漏治療薬」と大きく書いてある雑誌を見つけて、人目も気にせず思わず自分の手に取ってしまいました。
実際に記事が書かれたページを見てみると、医師のコメントや、実際にその「早漏治療薬」なる物を使ってみたという人の体験談なども記載されていました。
その紹介されていた治療薬というのが、「プリリジー」という医薬品です。
成分にダポキセチンというものが含まれており、それが射精したいという欲求を抑制する作用があるらしいのです。
多くの人が必ず一度は聞いたことがあるほど有名な週刊誌の情報でしたので、とても信憑性があり、「私も試してみたい!」と思うようになりましたが、その計画を実行するにはどうしても障壁となる事がありました。
そのプリリジーという医薬品は値段がかなり高額で、なんと計算してみると1錠あたりおよそ3000円…。
早漏を治したいという気持ちに嘘はありませんが、それはちょっとあまりにも足元を見すぎているのでは?と感じ、使用を躊躇ってしまいました。
しかし、調べているとそのプリリジーという医薬品にはなんとジェネリックがあるとの事。それがこちらのサイトでも紹介されていましたが、エバーラストというものでした。
主成分も同一なので効果はプリリジーと変わらず、さらに値段が格段に安い。エバーラストを見つけたときは藁をも掴む思いで、気が付いたら購入してしまっていました(苦笑)
現在で注文してから一週間。恐らくもうそろそろ手元に届く頃だと思いますので、本当に楽しみです。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。