1. トップページ
  2. 体験談
  3. 42歳:亀頭増大手術を受けました!

42歳:亀頭増大手術を受けました!

亀頭が刺激に敏感で、情けないことに挿入後数分で射精してしまいます。
妻にも早漏すぎるって文句を言われたので、厚めのコンドームを使ってみたのですが全く効果がありませんでした。
私は42ですが妻はまだ34、ですので毎晩のように求めてくるのですが、自分に自身がなくそrねい応えることが出来ずにいました。
そんな時、性の不一致で離婚している30代、40代の夫婦が増えているという記事を読んで、急に不安になってしまいました。
妻にも呆れられているし、そろそろ本気でどうにしかしないと…と思い、色々と自分なりに調べていた結果、「亀頭増大手術」というものがあるという事を知りました。
亀頭にヒアルロン酸を注入する事で一回り大きくし、感度も鈍くなるというものでした。
色々と亀頭増大手術の体験談などを見てみて、自分は半永久的な効果があると言われているアクアミドの注射を行っている施設にお願いする事に。
麻酔が効いていたので手術中は全く痛みはなく…手術と言っても注射を亀頭に刺すだけなんですけどね。
それも数十分で終わって、その日に帰ることが出来ました。
家に帰って恐る恐る自分の股間を見てみると…確かに、亀頭が一回り大きくなっている、というか竿に比べてかなり強調されているなというのがわかりました。
性行為は1週間空けてくださいといわれていたので、それが待ち遠しかったですよ。
そして1週間経ち、結婚後初めて私の方から妻にお誘いをかけることにしました。
妻には内緒にしていたので、私の下半身を見たときは「なんかいつもよりおっきくない?」と言っていましたね(笑
挿入中も感度が若干鈍くなっているので、射精をコントロールすることが出来ましたし、妻も何度も頂点に達していました。
手術の値段は高かったですけど、これが半永久的に続くなら…逆に安いとさえ思います。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。