1. トップページ
  2. 体験談
  3. 42歳:逆効果な早漏克服法

42歳:逆効果な早漏克服法

私は心因性の早漏でした。
仕事や私生活で嫌なことがいくつも重なり、次第に性欲がなくなっていき、この前本当に久しぶりに妻と寝たのですが、すっかり早漏になっていました。
しかもそれ一回きりではなく、その次に妻と寝たときも同じで、昔と比べて明らかに射精が早まってしまったのです。
ようやく妻とそのような関係に戻れたのに、早漏だとお互い気まずい思いをするし、何より性行為が楽しくない。
ということで、早漏の克服に取り組むことにしました。
精神的な問題で早漏になったのだろうと分かったので、カウンセリングにいくことにしたのです。
ネットでは実際にカウンセリングを受けて気が楽になり、性行為も上手くいったという書き込みがありましたからね。
ですが私の場合、早速行ってみたものの、逆効果でしたよ。
カウンセラーには、「アナタが原因で夫婦関係が破綻寸前」のような事を言われてしまい、そのような施設に行くのが半分トラウマのようになりました。
そのカウンセラーには苦情を入れて謝罪されましたけど、やっぱりこういう問題は人に話すものではないのかも知れませんね。
今は妻にも秘密で、市販のオナホールで射精コントロールの特訓をしています。
さすがにこれは逆効果にはならないでしょう。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。