1. トップページ
  2. 体験談
  3. 42歳:SSRIと早漏防止クリーム

42歳:SSRIと早漏防止クリーム

この歳で行動に出るのが遅いかもしれませんが、私も早漏を治したいという一心に駆られ、早漏に効くとされている商品をいくつか試しました。
私が最初に試したのはSSRIのレクサプロと、早漏防止クリームのオットピン。
評判を自分なりにリサーチして購入したわけですが、結果的に言えば私には早漏防止クリームのほうが合っていたと思いました。
確かにSSRIは射精を抑制する効果がありました、口では例えにくいんですけど「射精する気にならない」という感じです。
逆に早漏防止の方は感覚が鈍くなっており、すぐに射精に達するという事を防げます。
ではどうして早漏防止クリームのほうがいいと感じたか?
それは乱発できないからです。
乱発、というのは回数のことを指しますが、SSRIは副作用がストッパーになって、使用頻度を上げることができないんです。
もちろん副作用がないという人もいるようですけど、私の場合は軽い頭痛と、身体がだるいように感じたので、身体にあっていなかったのかもしれないです。
その反面早漏防止クリームなら、極端に言うと毎日でも使えるし、気軽に自分でトレーニングも出来ます。
オットピンは使用感もなかなか良く、セックスの時間も延びました。
これからは早漏防止クリーム1本に絞って、早漏の克服に取り組もうと思っています。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。