1. トップページ
  2. 体験談
  3. 45歳:慢性の前立腺炎になってから…

45歳:慢性の前立腺炎になってから…

慢性の前立腺炎になってから、射精を我慢する事が出来なくなってしまいました。
排尿時に痛みというか不快感があったので、泌尿器科で検査を受けた際にそれが発覚し、最近射精が我慢出来なくなったのはそのせいか、と納得してしまいました。
私の場合は慢性期が短かったため、今きちんと治療をすれば完治しますと医師に言われたので、その日から治療を開始する事に。
治療といってもほとんどが投薬治療でしたがね。
食生活も見直し、今までは肉中心の生活だったのを野菜中心の生活に改善しました。
他にも些細なことを医師に改善するように言われ、正直なところ面倒だなとは思いましたが、完治を目指していたので指示にしっかりと従いましたよ。
半年以上投薬治療と医師の指導の下生活を続けていましたが、徐々に症状は緩和して、1年経った頃には完治していました。
すると射精も以前のようにちゃんと我慢できるようになりましたし、性生活も心置きなく出来るようになりましたよ。
やはり、自分の問題となっている点としっかり向き合い、それを改善するための行動は何をするにも必要不可欠という事なんでしょうね。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。