1. トップページ
  2. 体験談
  3. 47歳:厚生労働省から注意されている薬

47歳:厚生労働省から注意されている薬

以前会社の部下から、「もし必ずセックスを成功させたいという日があったら、これ飲むといいですよ」と、錠剤を手渡された。
大きめなサイズの薬で見たこともない薬だったので、効果はどの程度だ?とその部下に聞くと、
「勃起力増強から持続力まで改善できるものらしいですよ」と言われました。
私は早漏で、射精が早すぎて妻にもセックスを嫌がられていたりしてたので、部下を信じ、早速夜にそれを服用してみました。
妻にバレないように、包丁でそれを半分くらいにカットし、効き目が出るのをソファーに座ってじっと待っていました。
服用してから30分ほど経った頃、頭の奥から響くような頭痛が。
最初は薬の副作用だとは思いもしませんでした、部下もそんな事は一言も言っていませんでしたからね。
そしてしばらくすると、頭痛に合わせて目まいのような症状が出てきてしまいました。
妻にだけは知られないように、必死に平然を装っていましたが、心配そうな顔をしてこちらの様子を伺ってくる妻を見て、非常に申し訳ない気持ちになりました。
翌日、その部下に昨日のあれは一体なんの薬だ!冗談ではすまされないぞ!と強い口調で説明を迫ったところ、「○○○」っていう中国の精力剤でしたけど、効きませんでした?
と、ノン気に言ってきたので、頭をひっぱたいておきました。
そしてPCでその薬のことを調べると、なんと厚生労働省から服用をしてはいけないという注意が出されている商品でした。
私はそれ以来、ネットで販売されているものを信用できなくなってしまいましたので、今は近くの泌尿器科でED治療薬を処方してもらい、それを早漏治療薬の代用として使っていますよ。
それも副作用はありますが、あんな強烈な副作用はないので仕様を続けています。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。