1. トップページ
  2. 体験談
  3. 47歳:恥ずかしくて風俗にも行けなかった。

47歳:恥ずかしくて風俗にも行けなかった。

自分が早漏という事が恥ずかしくて、風俗にすら出向く気になれずにいました。
程度で言うと、自慰や挿入を開始して1分ほどで射精に至ってしまうほどでした。
現状を打開したくてインターネットを中心に、早漏治療に効果のあるものを調べました。
中にはAV男優が紹介している怪しい商品もありましたが、そのときは精神的に余裕がなかったので、そういう如何わしいものにも手が出そうになるほどでした。
最終的に私が治療に選択したものは、一人でも出来る早漏トレーニング「スタート&ストップ法」と、射精までの時間を延ばすことが出来る薬を服用する事でした。
前者は週に4~5回、時間があるときに行っていました。
しかし後者である薬はインターネット経由で購入したのですが、なかなか試せずにいました。
ですが意を決し、薬を服用してから風俗に行き、効果を確かめる事にしたんですが…驚きの結果が待っていました。
嬢と二人きりになってアソコを触られて、いつもならすぐに射精したいという欲求が高まりますが、その時は全くそんな気にならなかったのです。
かと言って、快感が薄れているという事はありません、本当に射精感だけが抑えられているような感覚でした。
お陰でその日は人生で初めて性行為が楽しいと思え、つい延長までしてしまいました…(笑)
当初はあまり信用していませんでしたが、もう今では薬にお世話になりっぱなしです。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。