1. トップページ
  2. 体験談
  3. 52歳:高齢者の早漏改善法

52歳:高齢者の早漏改善法

30~40代のころは精力旺盛で、盛んな時期を過ごしたこともありました。
しかし40代後半になってくると身体の至る箇所に衰えを感じ、自分も高齢者の仲間入りをしてきたんだと実感しました。
そして身体の異常は生殖器にまで及び、若いころには悩んだこともなかった早漏に悩まされることになったのです。
妻は私よりも一回り以上も若いので、ちょうど性欲が盛んな時期です。
そのため求められる事も多いのですが、早漏だという事に加え、勃起不全になる回数も増えてしまい、自信を喪失してしまいました。
なんとか若いころの力をもう一度取り戻したいと思い、不慣れなインターネットで情報を収集していたところ、私にうってつけの早漏改善法が見つかったのです。
それは、ED治療薬として病院などでも取り扱いをされている、『レビトラ』でした。
レビトラには勃起不全を改善する作用の他に、射精を抑制し挿入時間を延ばす効果があるという事。
まさに私が求めていた若いころの力を取り戻すことが可能な医薬品でした。
病院に行くのは気が引けるため、ネットで取り寄せ、早速使用してみました。
使用感に問題はなく、懸念されている副作用でも、気になったのは軽度の頭痛のみでした。
効果はまさに上に書いたそれで、強い勃起作用、挿入時間の増大を体感できました。
レビトラは本当に夢のような薬です。高齢者の方でなくても、かなり有効な早漏改善法だと思います。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。