1. トップページ
  2. 体験談
  3. 53歳:射精障害になるのが怖い

53歳:射精障害になるのが怖い

早漏に良かれと思い、今まで地道にスタート&ストップ法をしていました。
ちなみに半年ほど行っていましたが、スタート&ストップ法が早漏に効果があったという方が多い中、私にはそのような射精遅延効果はありませんでした。
それでも、いつか効果が出るだろうと思い、諦めないで続けていました。
ですがとある記事で、スタート&ストップ法はやりすぎると射精障害、つまり遅漏になる可能性があるという話があったので、それ以来中止しています。
早漏よりも遅漏のほうが女性に毛嫌いされてしまうという事だったし、よく考えてみればスタート&ストップ法は射精を急に止める方法なので、身体にもよくないのかな…と。
スタート&ストップ法ははやめましたけど、それでもどうにか1分1秒でも早漏を改善できたらという気持ちが強かったので、今まで手を出したことがなかった早漏グッズを使うことにしました。
まず最初にジェルタイプのものを試しましたが、挿入前に拭き取らなくてはいけないし、ベタベタするのであまり好きになれませんでした。
コンドームタイプのものも使いましたが、普通のコンドームと大差ないといった所。
色々と使ってみた結果、今はクリームタイプのものを使っています。
ジェルのようにベタベタではなくサラッとした触感ですし、局所麻酔効果も十分にありますので射精を伸ばすことが出来ます。
やはり、男として長時間女性を愛する事が出来るというのは自信になりますよね。
恐らく意固地になってスタート&ストップ法を続けていたら、今頃こんな有意義な時間を過ごせていなかったと思いますし、最悪の場合射精障害になっていたかも知れません。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。