1. トップページ
  2. 体験談
  3. 53歳:早漏治療薬の危険性

53歳:早漏治療薬の危険性

4~5年前のことですが、ネットで早漏治療薬と書いているものを買いました。
錠剤のもので値段は5000円くらい。
「これで早漏が治るなら…」という気持ちで購入したのですが、失敗しました。

確かに性行為の時間は延びたんですけど、段々射精できなくなってきたんです。
それでも服用を続けていると性欲が全くわかなくなり、だるさや眠気も襲ってくるようになり、日常生活にも支障が出始めました。

もしかしたら、内容量にSSRIの薬の成分が含まれていたのかも知れません。
危うく、薬漬けになるところでした。

医薬品の通信販売なら消費税・手数料が無料のこちらがお勧めです ⇒ 全商品一覧

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。