1. トップページ
  2. 早漏防止グッズ紹介
  3. マキロン

マキロン

商品名
マキロン
種類
医薬品
メーカー
山之内製薬
成分
主成分…ベンゼトニウム塩化物100mg、アラントイン200mg、クロルフェニラミンマレイン酸塩200mg
添加物…エタノール、塩化Na、pH調整剤、香料、チモール、l-メントール

効果・効能

切傷、すり傷、さし傷、かき傷、靴ずれ、創傷面の殺菌・消毒、痔疾の場合の肛門の殺菌・消毒など

使い方

1日数回、患部に噴射するか、ガーゼ・脱脂綿に浸して塗布します。

注意事項

以前、早漏はマキロンで治ると言われていましたが、現在一般的に販売されているマキロンは「マキロンS」という商品であり、このマキロンSは早漏には効果はありません。
昔のマキロンには塩酸ジブカインという局所麻酔薬が成分に含まれていましたが、現在のマキロンSには含まれていないため、局所麻痺効果はないのです。
そして、注意事項に粘膜には使用しないようにと書いているので早漏防止目的で使うことは避けましょう。

最近では通販を利用して早漏治療薬を買っている人が増えています

病院と通販では、早漏治療薬を購入する際の手順や費用が異なります。
まず、購入までの手順や負担するコストなどを見比べてみましょう。

病院で購入する場合

  • 医師の診察が必要
  • 購入の度に診察が必要
  • お薬の種類が少ない

お薬代 10000円
諸費用(診察費) 1000円~3000円

合計:13000円

通販で購入する場合

  • 誰にも知られずに買える
  • 自分のタイミングで買える
  • お薬の種類を選べる

お薬代 2500円
諸費用(送料) 無料~1000円

合計:2580円~3580円

このように「安く、簡単に買える」という利点が、通販の利用者を増やしています。
こちらからは、通販利用者の方から高い人気を得ているサイトを紹介致します。

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。

マキロンの口コミ(クチコミ)・評判

  • ● 東京都品川区からの口コミ(クチコミ)・評判

    身近にあるものだし試してみたい気持ちはあるけど、つけたあと痛くなるんじゃないかって思うと心配。今はスーパーPフォース使ってるんだけど、効果も無難だし、わざわざ危険な方法を試すまでもないか…(-_-;)

  • ● 大阪府八尾市からの口コミ(クチコミ)・評判

    早漏防止のためにマキロンをアソコに数分間つけると、局所麻痺効果があるっていう噂がありました。やってみたんですけど…痛みは特にありませんでしたが、全く早漏に対していい効果があるわけではありませんでしたよ。もしかしたら人によっては効果があるのかもしれないですが、無駄な努力になる可能性大です。

  • ● 福井県坂井市からの口コミ(クチコミ)・評判

    数年前ですけどネットでマキロンが効くというので、家にあったマキロンを使って後悔したことがあります。塗布した箇所が軽い炎症を起こしてしまいました。今のマキロンには局所麻痺成分が入っていないらしいです。

  • ● 山口県光市からの口コミ(クチコミ)・評判

    ありましたね、昔はこういう噂。僕も早漏で困っていた時に当時の彼女からマキロン使う?って言われたことありましたよ(苦笑)

● 口コミ(クチコミ)・評判の投稿

地域
本文

★ 管理人レビュー

注意事項に記載した通り、現在販売されているマキロンには早漏の改善効果はありません。
昔は本当に使ってみて効いたという人もいたようですけど、今のマキロンSは塩酸ジブカインが含まれていないので、下手にペニスに塗ってしまうと荒れたり炎症を起したりしてしまうので、使用は避けてください。