1. トップページ
  2. 早漏防止グッズ紹介
  3. 完全早漏克服マニュアル

完全早漏克服マニュアル

商品名
完全早漏克服マニュアル
種類
情報商材
メーカー
会社名:KEN company
代表者:高柳豊
会社HP:http://www.wanpaku-net.com/shop/kurakame/s_kurakame.index.html
特商法表記:http://kencompany.sakura.ne.jp/sourou/sub/law.html
成分
DVDまたはPDFによる、早漏克服のトレーニング方法資料

効果・効能

不明

使い方

↓下記URLよりダウンロードして利用可能(有料)
http://kencompany.sakura.ne.jp/sourou/style/

注意事項

この手の「情報を売る」という手法は、一般的に「情報商材」と呼ばれるもので、配信元の会社はスパム等で宣伝している事が多く、中身はいかがわしい物が多いのが実態。
主に5000円から数万円など一般の人が買える範囲で、比較的高額なものが多い。
これは単に買う側が「高くても値段に見合った有効な情報だろう」と期待させるためであると考えられる。
自分がアフィリエイターになって自己アフィリエイトをすることで半額以下で買える商材も多い。
「期間限定」「先着XX人」などと称してそもそも存在しない通常価格より安い価格と評して、景品表示法違反である「二重価格の表示」で売っていることが多い。
しかし、価格に見合わぬ価値の詐欺的な情報商材(宣伝文句通りに稼げるものがほとんどないという意味で)が多く、モラルを欠いた販売方法に苦情が急増しているのが実状である

※あくまで情報商材に対する参考意見としてお読みください。中にはキチンとした情報を提供している商材もございます。

最近では通販を利用して早漏治療薬を買っている人が増えています

病院と通販では、早漏治療薬を購入する際の手順や費用が異なります。
まず、購入までの手順や負担するコストなどを見比べてみましょう。

病院で購入する場合

  • 医師の診察が必要
  • 購入の度に診察が必要
  • お薬の種類が少ない

お薬代 10000円
諸費用(診察費) 1000円~3000円

合計:13000円

通販で購入する場合

  • 誰にも知られずに買える
  • 自分のタイミングで買える
  • お薬の種類を選べる

お薬代 2500円
諸費用(送料) 無料~1000円

合計:2580円~3580円

このように「安く、簡単に買える」という利点が、通販の利用者を増やしています。
こちらからは、通販利用者の方から高い人気を得ているサイトを紹介致します。

一般的な早漏対策として、以下のようなお薬が用いられています。

・早漏治療薬(ダポキセチン含有薬)

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・純正品は病院でも取り扱われている
・通販で安くジェネリック医薬品を購入できる

デメリット

・即効性はない
・純正品は値段が高い

射精に至るまでの時間を延ばす作用のあるお薬です。とくに通販では安価で購入できるお薬「スーパーPフォース」が人気のようです。

・早漏対策の外用薬(局所麻酔クリーム)

メリット

・即効性が高い
・副作用を気にせず使用できる
・比較的安く購入できる

デメリット

・塗布するタイミングが難しい
・パートナーの理解が必要

塗布した箇所の感度を鈍くする作用のある局所麻酔クリームです。即効性があるというメリットが使用者からは好評を得ています。

・ED治療薬

メリット

・錠剤なので持ち運びしやすい
・効いている間は何度も性行為が可能
・早漏とEDの両方に効き目がある

デメリット

・即効性がない
・病院で購入する必要がある

ED(勃起不全)に対する治療効果のほか、早漏に対する射精遅延効果も期待されているお薬です。勃起不足、早漏気味でお悩みの方にお勧めです。

完全早漏克服マニュアルの口コミ(クチコミ)・評判

完全早漏克服マニュアルの口コミ(クチコミ)・評判はまだありません。

● 口コミ(クチコミ)・評判の投稿

地域
本文

★ 管理人レビュー

「KEN company」という会社が運営しており、他にも

「女性の心をつかむ!モテる男のスキンシップテクニック」
「バイアグラに頼らない精力増強・ED克服マニュアル」
「熟女を恋人にするための実践マニュアル」
「女性を虜にする脳内ホルモン恋愛術」
「悪用厳禁!女性を自分のモノにする媚薬・催淫剤マニュアル」
「中年男性のためのセックスフレンド製造マニュアル」

等を商材として作成・販売を手がけている。
ここはちょっと不思議な会社…。
商材の一番下にある「特定商取引法に基づく表示」から、郵便番号や代表者名や電話番号や住所が確認できるのだが、ここから検索すると「クラカメ堂」という中古カメラ屋さんに行き着いた…。
店長の名前もKEN company代表者名と一致し、この人が代表という事で間違いなさそうだが、人の良さそうな写真にビックリ。
もしかしたら名義貸しという事で、自分の名義を情報商材といういかがわしい行為に使われているのかもしれない。
この中古カメラ屋さんになら行ってみたい気がしてしまうほど人柄の良さが写真から出ている。なんだか可哀想だ。
商材自体の信憑性も低いだろう。

ダポキセチン(早漏防止成分)含有薬
早漏対策の外用薬
ブランドED治療薬
お試しパック(初めての方向け)
タグ