1. トップページ
  2. 早漏の種類
  3. 過敏性早漏

過敏性早漏

若年者やスポーツマンタイプの男性

過敏性早漏その名の通り、過敏に反応してしまう事で射精してしまう仕組みのことです。
快感を感じる性器は勿論、皮膚なども通常より敏感であるがゆえに、少々の刺激でもそれを感じ取る神経がその刺激量を増幅し、脊髄末端の射精中枢に伝えます。すると本来であれば射精に必要な刺激量に達しないと反射で射精には至らないはずが、過敏に反応する事で射精に至ってしまいます。
ただ、大脳ではそこまで興奮していないのに射精してしまう事が多く、射精したのに不本意な気持ちになる事が多いといわれています。