1. トップページ
  2. 早漏とは
  3. ピストン回数で早漏かどうかが決まる

ピストン回数で早漏かどうかが決まる

ピストン回数で早漏かどうかが決まるまた、別な文献を参照すると、挿入から射精までの「時間経過」で定義づけするのではなく、「ピストン回数」で早漏を定義づけしている文献もありました。

それによると、ピストンが10回以内、あるいは20回、30回以内で射精してしまう場合を早漏の治療対象としている医者もいるようで、こちらの方の定義付けもまた様々なのです。

文献によって様々な定義づけが存在する

しかし、これらは文献によっては違う捕らえ方もあり、挿入から射精に至るまで30秒以内を早漏とする場合もあ りますし、1分もしくは2分、3分以内とする場合もあり、その判断は医者のそれぞれの立場により一定ではなく様々なのです。