1. トップページ
  2. 早漏の悩み

早漏の悩み

早漏というものが何故こうも悩みの種となるのか、それはセックスという行為がもはや生殖行為だけのためでは無くなり男と女のコミュニケーションとして性行為を行うが故 に「早漏」というものが悩みの種となったのです。
セックスを通じて「相手を満足させてあげたい」「より満足度を高めたい」という願望が男女共に重なりあい、結果としてオーガズムに達するまでの時間が長い女性が不利であり、不満を抱えるようになったのです。
女性が不満を多く抱えると、男性はそれを解消しなければという意識に駆られます。
それが「早漏を克服しなければ」という気持ちに変換されるわけです。
本来であれば、早く生殖行為を完了させられる事であり、喜ばしい事であるはずなのに、早漏が悪い意味で捉えられるのは人間だけでしょうね。

オーガニズムの時間

互いにパートナーに満足度を求め、同時にパートナーに対して満足度を提供したいと思い合うセックス。
果たして男性と女性のオーガズムに達するまでの時間にどれだけの誤差があるのか「女性が求める挿入時間」と「実際の男性の挿入時間」を比較検証してみましょう。

男性の、膣内挿入から射精までにかかる時間

男性の、膣内挿入から射精までにかかる時間男性の、膣内挿入から射精までにかかる時間男性の、膣内挿入から射精までにかかる時間男性の、膣内挿入から射精までにかかる時間男性の、膣内挿入から射精までにかかる時間男性の、膣内挿入から射精までにかかる時間男性の、膣内挿入から射精までにかかる時間男性の、膣内挿入から射精までにかかる時間男性の、膣内挿入から射精までにかかる時間

女性(パートナー)が求める膣内射精潜時(挿入時間)

アンケートの結果から、日本人女性が求める実際の挿入時間を表にしてみました。

平均15.7分
3分以内 3%
30分以上 14%

小学館「sabra」誌アンケート: 日本人女性1000人、平均24.7歳

大半の女性が不満を抱えている

世の男性が以外と早く射精するんだなと安心したかもしれませんが、安心するにはまだ早いですよ。
上記のレポートを比較してみると、女性が15.7分間挿入を求めているのに対して、ほとんどの男性が2.5分しか挿入が持続しないということになります。
あくまで平均値ですので、中には30分・1時間継続してピストン運動をする事の出来る猛者もいることでしょうが、その割合は恐らくかなり少ない事が予想されます。
さらにアンケートでは、早漏男性をパートナーに持つ女性は、平均的な持続時間を持つパートナーを持つ女性よりも相当高い不満を相手に抱いていることが分かります。
セックスに関する不満が、そのまま男性の人間性までにも不満を持つようになると推測されます。それほど女性にとってセックスという行為は「男と女」の関係性を保つ上で重要なもののようです。

克服に向けた行動をとりづらい

早漏というものが何故こうも悩みの種となるのか、それはセックスという行為がもはや生殖行為だけのためでは無くなり男と女のコミュニケーションとして性行為を行うが故 に「早漏」というものが悩みの種となったのです。
セックスを通じて「相手を満足させてあげたい」「より満足度を高めたい」という願望が男女共に重なりあい、結果としてオーガズムに達するまでの時間が長い女性が不利であり、不満を抱えるようになったのです。
女性が不満を多く抱えると、男性はそれを解消しなければという意識に駆られます。
それが「早漏を克服しなければ」という気持ちに変換されるわけです。
本来であれば、早く生殖行為を完了させられる事であり、喜ばしい事であるはずなのに、早漏が悪い意味で捉えられるのは人間だけでしょうね。